NEWS

ニュース

2022.05.30

BINEX

バイネックス、シンガポール子会社とHop2it社が東オーストラリアでの協業につき基本合意締結

バイネックス株式会社(本社:東京都港区赤坂、代表取締役:青木宏道 以下バイネックス)のシンガポール子会社 BINEX Singapore Pte Ltd.(本社:シンガポール、代表取締役:Andrew Au 以下BSG)はHop2it Holdings Pte Ltd.(本社:シンガポール、代表取締役:Gregory Hannan 以下Hop2it)と東オーストラリアにおいて合計5万ヘクタール規模の農地でソルガム残渣を活用してバイオ燃料の製造や二酸化炭素吸収・削減への取り組みにつき基本合意致しました。

Hop2itはオーストラリアの運営会社を通じて、オーストラリア、パプアニューギニア、フィジーの提携農家と共に幅広く二酸化炭素の吸収・削減事業に取り組んでいる企業です。今回、BSGとHop2itは東オーストラリア クイーンズランド州において協働して以下の事業に取り組むことになります。

① 最大5万ヘクタールのソルガム用農地の確保
② 約45万ヘクタールの既存ソルガム農地の農業残渣の活用とバイオ燃料製造に最適化したソルガム種への転換
③ 食料としてのソルガム子実の栽培・供給、ソルガム残渣を原料とする持続可能なバイオ燃料(バイオペレット等)の生産・供給

今回の基本合意締結について、バイネックス代表取締役の青木宏道は、次のように述べています。
「オーストラリアで長年二酸化炭素削減とグリーンセクター事業に携わってきたHop2itのネットワークを活かして大規模なソルガム農地や残渣を確保できる機会を得られることは大きな喜びです。バイネックスのソルガム栽培のノウハウと、ペレットやメタノール等のバイオマス燃料製造技術を組み合わせることによって地球環境改善に向けてまた一歩大きく前進することになりました。」

また、HOP2ITグループ会長のGregory P.E. Hannanは、次のように述べています。
「私たちはバイネックス/ BSGの専門家チームと協力できることを嬉しく思います。当社経営陣はバイネックス/BSGと提携し、ソルガム栽培、ペレット化、二酸化炭素削減プロジェクトに付加価値を与え、より環境に優しい世界を創造することができる機会に興奮しています。」と述べています。

バイネックスはこれらの活動を通し、地球の二酸化炭素削減に真に取り組んでいきます。

 

バイネックス株式会社
バイネックスは食糧問題、環境問題、エネルギー問題に真に取り組む、バイオ燃料のバリューチェーン構築を目指す企業です。生育時に大量の二酸化炭素を吸収固定化する植物であるソルガムの育種開発・栽培、ソルガム子実の食料供給、葉や茎といった残渣を原料とするバイオメタノールの製造・供給に加え、バイオメタノールを水素キャリアとする燃料電池や半導体製造、内燃機関向け燃料、石油化学向け原料代替等の用途開発を行っています。
URL:https://binex.jp/

© 2013 - 2022 Future Science Research Inc.