NEWS

ニュース

2022.05.23

3DOM

電動バイクメーカーのSrivaru Motors社と先端リチウムイオンバッテリ提供およびBMS開発を目的とした戦略的パートナーシップに関するMOUを締結

株式会社スリーダム(以下、3DOM)およびその子会社である3DOM (Singapore) Pte. Ltd.(以下、3DOM SG)は、2022年3月にインドの電動バイクメーカーであるSrivaru Motors Private Limited(以下、SVM)と、SVMの電動バイクに3DOMの先端リチウムイオンバッテリを搭載するとともに、バッテリ・マネジメントシステム(以下、BMS)を共同で開発することを目的とした戦略的パートナーシップに関する覚書(以下、MOU)を締結しました。

3DOM SGは、2023年に2.2MWh、2024年に3.25MWh、2025年に14MWh相当の3DOMバッテリセルの供給を目指します。また、3社はSVMの電動バイクに向けたBMS開発に向けても協業していきます。SVMは、3DOMバッテリセルと共同開発したBMSをバッテリパックに組み込み、高性能バイクに搭載します。また、バッテリや走行に関するデータを3社で共有し、製品・サービスの向上にも活用していきます。

SVMは、先ずは政府推奨による二輪車の電動化ニーズが急速に高まっているインド市場から、3DOMバッテリと共同開発したBMSを搭載した電動バイクを販売していきます。今回のMOU締結について、SVM CEOのMohanraj Ramasamyは「インドのお客様は、主要な移動手段として二輪車を利用されています。インドの二輪車市場規模は大きく、成長を続けており、その市場規模は、10年以内に年間3,000万台を超えると予想されています。そのために、管理された環境だけでなく、あらゆる条件下での安全性を確保することが不可欠です。このMOUは、SVMのミッションである『速く、楽しく、安全な』ビークルの実現に役立ちます。」と述べています。

また、3DOM SG取締役CEOのDaniel Gohは「インドでは、安全で高品質な電池の普及が急務であると認識しています。3DOMグループとSVMは、現地市場に最適化されたクリーンなソリューションを生み出すという点で共通しており、今回のMOUが、モビリティから将来的に再生可能エネルギー貯蔵のプロジェクトへと広がる可能性がある強力なパートナーシップの始まりとなることを期待しております。」と述べています。

Srivaru Motors Private Limitedについて
SVMは、クラス最高の走りを実現するモーターサイクルを作ることをミッションに、インドでスタートアップ事業を立ち上げました。SVMの創業メンバーは、テスラ出身です。SVMは、最初の製品であるPranaを市場に投入しており、Prana-eliteの開発にも取り組んでいます。今回のMOUにより、SVMは、通勤手段としてPranaに頼る顧客のために、信頼性の高いバッテリを提供することが可能となります。企業の詳細については、https://srivarumotors.com/ をご覧ください。

© 2013 - 2022 Future Science Research Inc.