革新的技術で未来を切り拓く
「総合格闘技企業」
フューチャー・サイエンス・リサーチ
株式会社

Carve out a new future with
innovative technologies
“Combined martial arts” Enterprise
– Future Science Research Inc.

フューチャー・サイエンス・リサーチ株式会社
” />

NEWS

ニュース
2022.11.24 3DOM
日経産業新聞にスリーダムアライアンス 次世代型リチウムイオン電池について特集記事が掲載されました
2022.08.18 BINEX
ニュースイッチでバイネックスに関する記事が掲載されました。
2022.06.08 BINEX
シンガポール新聞でバイネックスに関する記事が掲載されました。
2022.05.30 BINEX
バイネックス、シンガポール子会社とHop2it社が東オーストラリアでの協業につき基本合意締結
2022.05.26 3DOM
シンガポール新聞にSrivaru MotorsとのMOU締結に関する記事が掲載されました。
2022.05.23 3DOM
電動バイクメーカーのSrivaru Motors社と先端リチウムイオンバッテリ提供およびBMS開発を目的とした戦略的パートナーシップに関するMOUを締結
2022.05.16 BINEX
日経産業新聞にバイネックスに関する記事が掲載されました。 「バイオ燃料ソルガムに熱視線」
2022.04.28 BINEX
バイネックスがジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)2022で優秀賞を受賞
2022.04.07 3DOM
吉利自動車グループ傘下の江西吉利新能源商用車有限公司と新型電動商用車向けバッテリ 開発に関する戦略的パートナーシップに向けた覚書を締結
2022.04.01 BINEX
バイネックス、バイオマス合成ガス及びバイオメタノール生産体制を大幅拡充
2022.03.24 BINEX
ホンダがバイネックスのバイオメタノールを活用した燃料を2021年度F1選手権で使用したことを学会発表
2022.02.16 3DOM
3DOMシンガポールがSustainable Energy Association of Singaporeに入会しました
2022.01.31 BINEX
シンガポール取引所の上場企業であるSinjia Land社と、逆買収を前提とした株式譲渡契約を締結
2022.01.06 TOPICS
スリーダム最高技術責任者で東京都立大学教授の金村聖志が2022年度電気化学会学会賞を受賞しました
2021.12.16 3DOM
スリーダムとシステムインテグレーターのエネマン社が、戦略的パートナーシップに向けた基本合意書を締結
2021.12.08 TOPICS
G8 Subseaが新興企業賞を受賞しました
2021.12.02 3DOM
スリーダムがG8と業務提携、出資、および株式交換に関する取引契約を締結
2021.11.20 BINEX
Binexとシンガポール上場企業であるSinjia Land社、逆買収を前提とした法的拘束力を伴わないタームシートを締結
2021.06.01 BINEX
バイネックス株式会社(BINEX)設立のお知らせ

VISION

ヴィジョン

いつの時代も未来を切り拓いてきたのは、
革新的技術です。
そういう意味で日本の企業は
世界に大きく貢献してきたと言えるでしょう。
日本企業は得てして「点」で戦おうとしますが、
社会の構造的変化に伴い、
世界のビジネスの潮流は合わせ技による
「総合格闘技」に移行しています。
私たちは今、最も技術が必要とされている環境エネルギー分野における革新的技術を活用し、
ビジネスモデルの構築を通して
新しい社会の創出に貢献します。

経営理念

近代の科学技術の進歩は社会を大きく変え、
私たちに利便性や物質的豊かさを
提供してくれました。
しかし同時に環境破壊やエネルギー不足等の問題を
引き起こしているのも事実であり、
今どうすれば持続可能な社会を
構築できるかが改めて問われています。
そろそろ利益だけを追求し
物質的豊かさを享受すれば
社会は豊かになるという考え方を
根本的に見直さなければなりません。
私たちは今こそ社会が抱える課題と向き合い、
どういう社会が人間にとって本当に必要なのかを
環境エネルギーの技術開発を担う
パートナー企業とともに考えます。
そして社会の新しい枠組みにつながる
ビジネスモデルを提案、構築していきます。
その壮大なプロジェクトを成し遂げるために必要なのは
奉仕の精神            感謝の心     です。
その心をもって社員一丸となって成長し、
創造する喜びを分かち合い、
信頼を育んでいきたいと考えます。

OUR BUSINESS

環境エネルギー事業
フューチャー・サイエンス・リサーチは、 最先端の環境エネルギー技術を活用した事業化に特に注力して取り組んでいます。
いかに社会に貢献できるかという観点から事業化を提案し、その上で必要となる
下記のサービスを提供しています。

経営コンサルティング 及び
マネージメントサービス

新事業の市場調査や 分析、情報提供

企業に対する投資及び融資

テクノロジーのリサーチ及び
コーディネーション

上場支援

企業育成

フューチャー・サイエンス・リサーチが保有する
主な環境エネルギー技術

高次元セパレータ技術

首都大学東京の金村聖志教授の研究室と共同で耐熱性の高いポリイミド(PI)を用いた三次元規則配列多孔構造の3DOMセパレータの開発に成功しました。 3DOMセパレータの特徴は、高耐熱性だけでなく、高空孔率及び空孔均一性にもあり、電極間のイオンの流れをスムーズに、なおかつ均一化することで、デンドライトの成長や電極の不均一反応による劣化が抑制される点にあります。この3DOMセパレータをリチウム二次電池に用いることで、蓄電池の寿命を飛躍的に向上させただけでなく、従来の数倍のエネルギー密度を保持する二次電池の開発に成功しました。スリーダムアライアンスは更なるエネルギー密度の向上を目指し、永らく続いた燃焼系動力時代から本格的な電動化時代の幕開けへとつながる社会の実現に貢献します。現在、海外の船舶システムインテグレーターと合弁会社LAVLEを起ち上げ、船の電動化を進めていくためのプロジェクトを始めています。

ゼンモータ株式会社

携帯電話やパソコン、冷蔵庫など私たちの生活の場にはモーターが多く利用されています。 その証拠に日本における総消費電力の半分以上はモーターによるものだといわれています。車などのモビリティの動力も燃焼系から電力へと次々に置き換えられる中、モーターはモビリティの世界でも基幹部品の一つとなり、その存在感が高まることになります。モーター駆動のエネルギー効率は8割から9割程度と言われていて、電気エネルギーから運動エネルギーへと変換する際の熱としての損失は一割程度にしか過ぎません。しかし、世界中のモビリティが電動化されたらどうでしょうか。このようなエネルギー損失の抑制は逼迫した課題で、モーターの高出力化とともに高効率化が目指すべき製品開発テーマであることは明らかです。こうした社会的背景をうけて、zenmotorは大学などと連携し、次世代高効率モーターの製品化にむけて動き出しています。

高速データ解析エンジン

TESNOLOGYは、独自開発の『DI Engine』を活用したツールの開発、提供をしているスタートアップ企業です。 現在開発中のBIツールでは、特殊なデータ解析エンジンで大量のデータを高速で検索・分析することができます。また、RDBの設計が必要ないため、スピーディーかつ柔軟に開発を進めることが可能となります。 我々は、既存の中央集権的なシステムでデータを管理し、サーバーで膨大なエネルギーを消費することを問題と考え、『DI Engine』でデータを分散化させ、個人のデータは個人が管理することができる情報の民主化を実現することが目標です。

RECRUIT

採用情報

当社のビジョン

当社は最も技術が必要とされる環境エネルギーの分野を中心に革新的技術を開発すると同時に新しいビジネスモデルの構築を通して新しい社会の創出に貢献します。最先端の技術と革新的なビジネスモデルを生み出し、より良い社会の構築に努めます。

当社の事業

当社は、リチウムイオン電池や高効率モーターなど、革新的次世代技術の製品化を行い、世界市場に挑戦しています。国内・海外の大手企業やベンチャー企業と提携し、事業化に向けたビジネスモデルの構築、事業計画策定、技術調査、マーケティング市場調査、資金調達等を行っています。 現在は、首都大学東京発ベンチャーの株式会社スリーダムアライアンスが手掛ける高性能バッテリー技術を活用し、電動二輪車、EVや電動船等の開発やそれらを用いたモビリティサービスの運用等のプロジェクトを推進しています。

株式会社スリーダムアライアンスとは

スリーダムアライアンスは高性能リチウムイオン電池を始め、次世代電池技術の研究・開発・製造を行っている首都大学東京発ベンチャーです。CTO兼取締役に首都大学東京の金村聖志教授が着任しており、金村教授のもつ各部材に関する知見を用いて、国内外問わず大手自動車メーカーをはじめとする大手企業様から引き合いを頂戴しております。スリーダムアライアンスが有するリチウムイオン電池に関連する技術はブレイクスルーテクノロジーとして、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)に認められ、現在量産化に向けた準備を行っております。またスリーダムアライアンスが開発したリチウム二次電池用の高機能セパレータは、構造上の特性により均一な電流分布を実現、デンドライトの生成を抑制し、長寿命化・高容量化に貢献することから注目が集まり、新聞・メディアにも掲載されております。

COMPANY

会社概要
名称 フューチャー・サイエンス・リサーチ株式会社
所在地 東京都港区赤坂1-7-1 赤坂榎坂ビル 8F
設立 平成25年12月25日
資本金 3,000万円
関連会社 株式会社スリーダムアライアンス ゼンモータ株式会社 バイネックス株式会社
代表取締役 冨宅 政人

CONTACT US

お問い合わせ







プライバシーポリシー